CADってなに?

サイトマップ

HOME > CADってなに?

初心者の方も分かるCADについて

キャドって何?

キャド: Computer Aided Design)はコンピュータ支援設計とも呼ばれ、コンピュータを用いて設計をすること。
あるいはコンピュータによる設計支援ツールのこと(CADシステム)。
人の手によって手書きで行われていた設計作業をコンピュータによって支援し作業効率を格段に高めています。

どんなCADがあるの?

CADの種類には大きく分けて、専用CADと汎用CADの2種類があります。
は多岐にわたって様々な業種で用意されています。
専用CADは、機能が優れていて割と操作性がよくて価格は高価です。
ただし、オペレータはその業種のCADをせっかく覚えても勤務先やCADのメーカが変わってしまうとまた新たにCAD操作を習得する必要があるのが難点ですね。

専用CAD

専用CADには下記のように様々な業種があります。
・建築用
・建築設備用
・土木用
・橋梁用
・機械用(メカ)
・配管用
・服飾デザイン用
・その他(電子回路用、プリント基板用、墓石用など)

汎用CAD

専用CADのように機能を特定の分野に特化したものではなく、様々な業種の図面が描ける機能を持っているのが汎用CAD。
建築、機械、土木、アパレルなどの分野で多く利用されています。
一番有名なのが「AutoCAD(2次元&3次元機能)」と「AutoCAD LT(2次元機能のみ)」で世界的シュア№1です。
就職や転職にも一番有利ですね。
また、日本の建築分野で多く使われているのが、純日本製の汎用フリーCAD「Jw_cad」です。
その他に、2次元&3次元CADの「VectorWorks」や「DRA-CAD」なども日本の建築分野で利用されています。

当スクールでは、AutoCAD、Jw_cad、DraftSightの3つのCADがマンツーマンで学べます。

どんな資格が取れるの?

詳しくはコチラ


電話
資料請求
無料体験

go top