CADの求人って多いの?

サイトマップ

HOME > CADの求人

CADの求人数はホントに多いの?転職の可能性は?

CADの求人って多いの?

CADの求人は、震災前と震災後の就職環境が随分変わり『売り手市場』となっています。
宮城県の場合、2013年8月までCADの求人件数が400件台半ばでしたが、2013年9月の2020年東京オリンピック開催決定以降上昇し、 2015年10月3日現在は、2,051件に増えています。
(全国のCAD求人件数はなんと、79,434件もあります。)
宮城県のCADの求人件数が、この2年あまりで 5倍以上に増加していることになります。

この増加傾向は、被災地だけではなく、全国的な傾向として『CADスキル』を持った人を企業が求めているからです。

宮城県のCADの求人はIndeedで検索できます。

石巻、東松島、塩釜地区はこちら

仙台、名取地区はこちら

登米、大崎、栗原地区はこちらをご覧ください。

事務職でもCAD?

最近、ハローワークや求人検索サイトなどの求人情報を見ますと「必要な経験や資格」の欄に「CADやAutoCADの操作ができる方」という条件も時々見かけます。

今までは、CADと言うと「CADオペレータ」や「施工管理技士」など専門的技術者が主にイメージされましたが、最近では事務や庶務業務など事務職の求人でも「CADの操作ができる方」を求めている企業が増えてきています。

それは、ワードやエクセルといったこれまで定番だったビジネススキルに加えて、企業側が「CADで図面を描くスキル」を求めているからだと思います。
これからの就職戦線に向けて、ワンランク上のスキルを身に付けていきませんか?

最新CAD求人情報
いつでも教室のパソコンで最新のCAD求人情報が見られます
CADのお仕事の就職相談も行っています

CADってどんな仕事があるの?

CADで図面を描くお仕事は、以下の専用CADソフトの種類をみるとその職種が見えてきます。
専用CADは、多岐にわたってさまざまなものがあります。
当スクールで学べるCADは、職種に特化しないで図面を描くことができる汎用CADです。

  • 建築用(意匠・構造・設備)
  • 住宅専用(木造・低層)
  • 建築設備(空調・衛生・電気)
  • 土木、測量
  • 鉄骨、仮設、足場、解体
  • 道路設計、橋梁、法面
  • 造園、エクステリア、外構
  • 機械設計
  • 板金・金型設計、穴加工
  • 製造業向け(電気設計、電子回路、基板、熱解析、電磁波解析、盤設計)
  • 土地家屋調査士用
  • 包装・ディスプレイ設計
  • 服飾デザイン、アパレル
  • 宝石・ジュエリー
  • 歯科用
  • 配管、上下水道本管工事
  • 墓石、砕石用

工事が増えるとCADの仕事も増える?

今後、本格的な震災復興事業や2020年東京オリンピック開催に伴う首都圏での関連事業、それと最近新聞やテレビで話題になっている『日本全土のインフラ老朽化問題』と『リニア新幹線(中央新幹線)』の建設。

それは、高速道路や国道、鉄道などのトンネル、橋梁や公共施設の箱物など建築物が建築後50年以上経過しているため、耐久性が問題視され、それに伴いインフラの改修工事等が行われます。
また、9兆円(概算)の建設費による中央新幹線整備計画(東京~名古屋・大阪間)の建設指示で、トンネル工事が多いため環境影響評価後、工事の実施計画や着工が行われるなど、将来にわたりCADで図面を描く仕事は確実に増えていくと想定されます。

一つの工事が予定されるとその予算をはじくために、まず最初に計画段階でCADで図面を描き、工事着工後(開始後)は何度も図面の作成や修正を繰り返し、工事が竣工(完成)したら竣工図面や完成図書ができるまでCADの仕事が続くからです。

要するに、
CADのお仕事は、一つの工事のスタートからゴールまでずっと続きます。
だから、CADの仕事が増え続けているのです!

これからも『CAD』はビジネススキルの一つとして、必要になっていくと思います。


電話
資料請求
無料体験

go top