CADってなぁに

サイトマップ

HOME > CAD > 初めてのCAD

初めてCADに興味を持った方へ

3D CADについて

3D CADってなに?

コンピューターを利用して、立体的(3D)な構造物の設計・製図をすること。またはそれが出来るソフトウェアのこと。3次元CADともいいます。
構造物の取り扱いには、3種類の手法があります。
(1)輪郭の線のみで表す・・・ワイヤフレームモデル
(2)多角形の面のみで表す・・・サーフィスモデル
(3)中身が詰まった実物に近い構造物を表す・・・ソリッドモデル

現代のモノづくりにおいては、3D CADを使うことは特別なことではなくなりました。
特に製造業の設計では、3D CADのスキルは必須といっても過言ではありません。
よって、3D CADのスキルを身に付けることは、仕事の幅がグーンと広がり、会社の評価も高くなると考えます

2D CADと3D CADの図面はこんなに違う

sketchup無料体験会
2D CADの図面

sketchup無料体験会
3D CADの図面


3D CADを使うメリットは?

1. 視覚的にわかりやすい
2. 3Dモデルから容易に2D図面化
3. 試作品など開発コストの低減
4. 3Dモデルを3Dプリンターへ出力できる
5. 3Dを扱う企業とのデータのやり取りがスムーズ

3D CADの種類は?

価格や機能の違いで分けると以下の3種類になる。

1. ハイエンドCAD=CATIAなど
2. ミッドレンジCAD=SolidworksやInventorなど
3. ローエンドCAD=123D DesignやRhinocerosなど

高機能なFusion360は、機能的に考えればミッドレンジCADのレベルですが、導入コストが年間数万円と考えると画期的な3D CADです。

Fusion360についてはこちらをクリック 

ハイエンドCAD

機能が高く、主に航空機・自動車・家電業界などの分野で利用。大手の製造業の多くはこれを使用。価格は数百万~1000万円以上。

ソフトウェア名 開発・販売メーカー 利用されている業界
CATIA ダッソー・システムズ社
(フランス)
Boeing社、トヨタ自動車(株)や本田技研工業(株)、三菱自動車工業(株)等の自動車業界、造船等で利用
Creo Paramatoric
(旧Pro/ENGINEER)
Parametric Technology(PTC)社
(アメリカ)
トヨタ自動車、SHARP、SONY等の自動車・家電業界で利用
NX シーメンスPLMソフトウェア社
(アメリカ)
マツダ(株)、日産自動車(株)等の自動車業界で利用

ミッドレンジCAD

主要な機能はハイエンドCADに劣らず、設計で十分利用できる。中小製造業の多くはこれを使用。価格は数十万~100万円台。

ソフトウェア名 開発・販売メーカー 利用されている業界
Fusion360 Autodesk社(アメリカ) 機械・家電・精密機器等
SolidWorks SolidWorks社(フランス)
※ダッソー・システムズの子会社
機械・家電・精密機器等
Inventor Autodesk社(アメリカ) 家電製品、電子通信機器、製造装置等
Solid Edge シーメンスPLMソフトウェア社(アメリカ) 設備機械・家電製品等

ローエンドCAD

廉価版からフリーまでいろいろな種類がある。個人で趣味程度で使うCADとしては良いが、実務では機能的に不十分。

ソフトウェア名 開発・販売メーカー 利用されている業界
InventorLT Autodesk社(アメリカ)  
123d design Autodesk社(アメリカ)  
DesignSpark アールエスコンポーネンツ  

電話
資料請求
無料体験

go top