仕事で選ぶべきCADの特徴

サイトマップ

HOME > CAD > どのCADを使いますか?

各種CADの特徴をまとめました。どのCADを使いますか?

どのCADを使いますか?

3D CAD Fusion360(フュージョン360)

オートデスク社(米国)が提供しているクラウド型の高機能の3D CADソフトウェア。
通常、3D CADは、数十万~数百万円の価格ですが、Fusion360は月額5,400円(年間39,960円税込)で運用できる高機能でローコストの画期的な3D CAD。しかも、個人利用であれば無料で使える。

Fusion360はデザインから製造までの全ての工程を、単一ソフト上で行うことができるオールインワンパッケージの3D CADです。

生徒さんの写真

Fusion360についてはこちら

AutoCAD(オートキャド)

AutoCADは、オートデスク社が開発した図面作成ソフトウェアです。
CAD業界シェア№1で、建築、土木や機械設計、アパレルなど多くの業界で利用されています。
AutoCADは3次元の作図もできる高性能なレギュラー版と2次元機能のみのAutoCAD LT(ライト版)があります。
3次元は高機能で操作が難しいところもあり、特に人気なのはAutoCAD LTで、一般的に「AutoCAD LT」のことを「AutoCAD」と言っております。
AutoCADは、就職や転職にも一番有利なCADソフトと言えます。

AutoCADコースはこちら

Jw_cad

日本製の2次元CADのフリーソフトで、建築や土木業界で広く利用されています。
特に建築に特化した使いやすさで、業界シェア№1のAutoCADに引けをとらない優れたソフトです。 現場での施工図面などJw_cadを使うことも多いです。

Jw_cadコースはこちら

DraftSight(ドラフトサイト)

世界シェア№1のAutoCADと高い互換性を持つフリーソフトです。
ダッソーシステムズ社が提供している2次元CADです。
AutoCADと同じファイル形式が標準で扱え、画面構成や操作がAutoCADと共通点がとても多く、プロのAutoCADユーザーに好評です。
無料で使えるので、これからAutoCADを学ぶ方の練習用にも最適ですね。

DraftSightコースはこちら

IJCAD(アイジェイキャド)

インテリジャパン株式会社(本社:名古屋)が開発するAutoCADと互換性の高い2次元汎用CADソフトウェアです。
AutoCADのデータフォーマット(dwg/dxf)を読み書きできるだけでなく、フリーソフトのJw_cadのデータの読み書き、またPDF化されたCADデータを元のCADデータへの変換機能などを備えています。

AutoCADとの高い互換性があるのでAutoCADユーザーが戸惑うことなく利用できます。
「コマンドが見つからない」「設定がわからない」がほとんどありません。
リーズナブルな価格ですが、AutoCADの補完的な利用ではなく、主力CADとしての実力を備えています。

IJCADコースはこちら

JDraf(ジェイドラフ)・「ARES(アレス)2017※」(※2017/02に改称)

「ARES」(旧JDraf)は、株式会社グレバートジャパン (旧社名:株式会社ジェイドラフ)が販売しています。
低価格ながらAutoCADと同じ様に使用できるAutoCAD互換CADです。AutoCAD図面(DWG)の他、JWW・SXF等 多様なファイル形式に対応しています。
AutoCADと同等の機能・画面周り・操作性を搭載し、既存環境と同様に違和感なくスムーズに利用できます。

Jw_cad図面ファイルを用紙・実寸サイズ、入力尺度の何れかで読込み、Jw_cadのような画面周り、操作性で編集が可能です。
JWユーザーでAutoCAD図面を扱いたい方には朗報ですね。

また、SXF_電子納品図面(*.sfc、*.p21)の読み込みと書き出しも行なえます。
画層や色などの設定も可能です。

JDraf/ARESコースはこちら

SketchUp(スケッチアップ)

2次元の図面を3次元化(立体化)できるフリーソフト。 3DデザインソフトのSketchUp(スケッチアップ)は、コストをかけずに3D図面やプレゼン資料などが作成できます。 『SketchUp』は、引っ張る/押し込むといった直感的な操作で立体化でき、初めて3次元CADに取り組む人などにも『使いやすい』と定評があるソフトです。 建築、建設やエンジニアリング、商業インテリア、都市計画などの分野を始めとしてプロ・アマチュアを問わず広く普及しています。

SketchUpコースはこちら

主なCADの比較表

2次元汎用CADソフトで人気のあるCADを比較してみました

  AutoCAD IJCAD・JDraf
(AutoCAD互換)
Jw_cad
シェア 設計の基本ソフトとしては、世界一! AutoCAD互換なので同程度と考えてよい 木造建築や設備、学生などが多く利用。日本のみ利用
求 人 CAD業界で断トツに多い! AutoCAD互換なので同程度と考えてよい 石巻地区は木造建築や設備(電気・水道など)を中心に多い
価 格 年間約6万円前後 永久ライセンスで約6万円 フリーソフトなので無料!
機 能 高機能。建築、機械、土木など多業種の製図が描ける 高機能。建築、機械、土木など多業種の製図が描ける 中機能。木造建築や設備図面を描くのに便利な機能が多い
信 用 大企業から中小企業まで幅広く利用 AutoCAD互換CADとして、大企業から中小企業まで利用が増加傾向 大企業などはメインのCADにしていない
サポート 販売代理店やWebサイトがある 販売代理店やWebサイトがある Webサイトを利用。割と独学で覚える人が多いので技術本の出版数が多い
将来性 ある。また将来的には3次元CADにステップアップ 2次元CADへの投資を抑えたい企業や個人のニーズと合い、増加傾向 将来OSやハード面の進化に対応できるかが鍵。フリーソフトなので不安定さは否めない


電話
資料請求
無料体験

go top