AutoCADの分からないところだけに特化!ピンポイントコース

サイトマップ

HOME > その他 > 教育訓練給付金制度

教育訓練給付金制度について

これからは、資格で個人のスキルを証明する時代です。

あなたも、賢く資格取得を目指しませんか?

厚生労働省大臣認定
教育訓練給付金制度ってご存知ですか?

対象講座受講料金が、最大20% 戻ってきます!

CDIでは、10月1日より2つの講座が認定されました。

☆AutoCAD建築CAD検定試験2級受験対策コース

☆AutoCAD建築CAD検定試験3・2級受験対策コース

教育訓練給付制度とは・・・

一定条件を満たす対象者が厚生労働大臣が指定する教育訓練子座を受講し、終了後に全講座費用の最大20%(上限10万円)がハローワークから支給される制度です。

支給対象者

◆受講開始日現在で雇用保険の支給要件期間が3年以上(初めて支給を受けようとする方については、当分の間、1年以上)あること
◆受講開始日時点で被保険者(※1)でない方は、被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内(適用対象期間の延長が行われた場合は最大20年以内)であること
◆前回の教育訓練給付金受給から今回受講開始日前までに3年以上(※2)経過していること

など一定の要件を満たす雇用保険の被保険者(在職者)又は被保険者であった方(離職者)。
※お近くのハローワークで対象であるか必ず照会してください。

支給要件期間

支給要件期間とは、受講開始日までの間に同一の事業主の適用事業に引き続いて被保険者等として雇用された期間をいいます。
その被保険者資格を取得する前に、他の事業所等に雇用されるなどで被保険者等であった期間も通算しますが、被保険者資格の空白期間が1年を超える場合は、その前の期間は通算されません。
また、過去に教育訓練給付金を受給したことがある場合、その時の受講開始日より前の被保険者等であった期間は通算しません。
※1 被保険者とは、一般被保険者及び高年齢被保険者をいいます。
※2 平成26年10月1日前に教育訓練給付金を受給した場合はこの取扱は適用されません。

支給額

教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%に相当する額となります。
ただし、その額が10万円を超える場合は10万円とし、4千円を超えない場合は支給されません。

指定講座を修了し、ハローワークへ申請した場合に、教育訓練給付制度の適用が認可されます。

詳細はハローワークのHP厚生労働省のHP


電話
資料請求
無料体験

go top