建築CAD検定試験について

サイトマップ

HOME > CAD > 建築CAD検定

ここ数年受験者が増え続けている建築CAD検定についてまとめました

建築CAD検定とは

民間資格。准1級~4級があり、建築図面を一定時間でトレースする実技のみの資格試験。
特に3級は、図面を読む・描く・スピードの3拍子が求められるCADトレーサを目指す人の登竜門のような位置づけです。

試験月は、1月、4月、7月、10月の年4回で当校にて受験できます。

最新の試験日時などは建築CAD検定試験の最新情報へ!


建築CAD検定 受験生募集!


※当スクールは全国建築CAD連盟の認定校です。 >

建築CAD検定でハイレベルの資格を取ろう!

CADオペレーターを目指すなら、まず3級を。
さらに即戦力になるなら
木造建築は、2級。
ビル建築は、准1級。

仕事に役立つ資格を!

個別指導だから、不安な方も確実に覚えられます!
パソコン操作を自分のものにし、仕事に役立つ資格を取ってみませんか?

生徒さん 生徒さん 生徒さん
こちらの女性は、全くの初心者から建築CAD検定試験の2級を取得し、転職を実現したうちの3名です。
技術職はもちろん、事務職や営業職でもCADスキルがあると就職や転職に有利です

生徒さんの声

お問い合わせ先

建築CAD検定試験

ここ数年、受験者が増え続け、2級の人気と企業の評価が高まっています。
はやく!正確に!わかりやすく!白紙から図面を仕上げる実力勝負!!
実務に通用できる資格にチャレンジしませんか?

認定校のメリット

・過去問が豊富に蓄積されているので、出題率の高い問題を中心に効率よく練習できます
・日頃使い慣れているパソコンで受験できるので有利です
・受験を希望する日時が指定できます(日曜日のみ)
・万が一、不合格になっても次回の再受験者の合格率は100%(2020年1月までCDI実績)

 CDIは県北で唯一の認定校です

生徒さん

建築CAD検定試験とは

以下、一般社団法人全国建築CAD連盟の情報から抜粋しています

1.「建築CAD検定試験」は1993年に日本で初めて誕生した、建築系のCAD資格試験です。
2.年間10,000名が受験する、わが国最大級のCAD実技試験です。
3.全国690校を超える教育機関で導入されています。(受験者総数12万名以上,有資格者数7万名以上)
4.授業の延長上で受験できる「実技試験」です。
5.試験は、汎用CADで実施します。(Jw.cad、AutoCAD、DraftSight、Vector Works、DRA-CADなど)
6.等級は准1・2・3・4級からなり、受験者のスキルにあわせ受験できます。(4級は高校のみ)
7.受験方法は、各学校で実施する「団体受験」と、個人で受験する「一般受験」があります。
8.試験は年4回(4月・7月・10月・1月)に実施します。(一般受験は4月・10月の年2回)
9.受験料は、准1級14,700円、2・3級各10,500円。

建築CAD合格率

受験方法

建築CAD検定試験の受験方法には、一般受験と団体受験の2つの方法があります。

一般受験

一般受験は建築CAD検定試験を団体受験する機会のない方のために用意された受験方法で、年2回(4月・10月)行っています。
この受験方法は全国にある会場で、会場にあるパソコン・CADソフトで受験するか、あるいはノートパソコンを持参して受験します。
※当スクールは一般受験の試験会場にもなっています。

団体受験

団体受験とはCADを教えている教育機関、たとえば大学、短大、専門学校、高校、職業訓練校、CADスクールなどの学生・生徒がその教育機関を会場として受験するもので、年4回(4月・7月・10月・1月)行っております。※准1級は10月のみ
これらの教育機関はあらかじめ連盟が「試験認定校」として認定するもので現在、全国で約500校あり、当スクールも認定校です。
試験日は、それぞれの教育機関がいくつかの試験日(試験月の日曜日)のなかから都合の良い日時を選択し受験できます。

一般受験と団体受験の要件比較

  試験実施月 試験日の指定 試験会場 受験にあたっての要件
一般受験 4月・10月 不可 近くに会場がある場合のみ受験が可能 試験日をいずれの日曜日に指定されても受験可能なこと
団体受験 4月/7月/10月/1月
※准1級は10月のみ
自校にて実施 なし

3級試験

「3級」試験は、トレース技能に的を絞り、将来実社会でCADに携わるうえで最低限必要とされるコマンドの 操作能力を持ち備えているかを問う試験で、本資格試験の基礎的な等級になります。

3級の能力設定

実社会で求められる「CADトレース技術者」を指します。
能力としては、『設計者から「詳細な指示」が与えられれば、CADシステムで建築設計図を描ける(トレースできる) 実力があるか』を判定します。
試験問題の各課題図面で示される「参考図」がここでいう「設計者からの詳細な指示」に相当します。
試験は、建築図面を描くにあたり最低限必要とされる操作コマンドを理解していないと完成できないように作られ ておりその能力の有無を問われます。
そして詳細な指示に対してどれくらい正確に操作できるかも同時に見ていきます。

試験問題

試験問題の各参考図(「階段」、「通り芯」、「壁」、「建具」)をもとに各々の完成図を一定時間内に正確 にトレースし完成させる。〈試験時間:2時間〉

建築CAD3級試験 階段

建築CAD3級試験 通り芯

建築CAD3級試験 壁

建築CAD3級試験 建具

建築CAD検定 受験対策講座はこちら 


2級試験

「2級」試験は本資格試験で最も受験者が多い中心的な級で、ここ数年で急速に増加しています。
CADの操作能力に加え、基礎的な建築知識も問う内容です。

2級の能力設定

2級は実社会で求められる「一般建築図を作図できるCAD技術者」を指します。
試験では『自らの建築知識をもとに設計者から与えられた「図面のラフスケッチ」から、CADシステムで建築一般 図を描く実力があるか』を判定します。
試験で与えられる図面がここでいう設計者のラフスケッチにあたります。
いくつかの2次元図面や透視図を読み取り、自らの建築知識からそれがどんな建物を表現しているかを理解し、立面図を作成する能力があるかが試されます。
また、同時に平面図をもとに平面詳細図を作成する出題も課せられますが、これは建築図面の理解に加えてCAD操作に関する高い知識と技術(スピード)を見るための試験です。

試験問題

試験問題の各参考図をもとに縮尺1/50の平面詳細図(1面)、縮尺1/50の立面図(1面)合計2面を完成させる。〈試験時間:5時間〉

建築CAD2級試験 参考図

建築CAD2級試験 解答例

建築CAD検定 受験対策講座はこちら 


准1級試験

建築CAD検定試験のなかで最上級の試験で、年1回(10月)のみ実施される。
CAD操作能力について実社会で求められる能力以上のスキルを要求される。
試験開始以来、11年間で有資格者はわずか120名余り(2019年現在)。
また平均合格率は約22%と大変ハードルが高い試験なので、言うまでもなくRC造の「建築CADオペレータ」として、即戦力のスキルと言える。

准1級の能力設定

准1級試験は課題図面をトレースする試験です。
図面の分量と密度は過去の一級建築士試験の設計製図試験とほぼ同じものです。
寸法は必要最低限しか示されませんので、建物の用途や特性から受験者が判断し、3時間30分で全図面を完成させる非常に難易度の高い試験です。

要求される能力は、
①効率よく作図するために必要なCADシステムの各種設定に関する知識
②課題図面を読み解き・入力手順を計画する能力
③図面内各部の規格サイズ・適正サイズ等の知識
④CADシステムの図面作成機能と修正機能に関する高い知識と操作能力
⑤訓練段階で知り得る自らの様々な課題を克服するための方法を工夫・会得する能力
などの「総合力」が要求されます

試験問題

課題として与えられた建築図面(縮尺1/200)をもとに、自らの建築知識とCADの経験を駆使し、建造物の用途や特性を理解した上で適切な判断によるトレースを行い完成させる。

概要

CADの設定

(10分)
最初に、10分間のCADシステムの設定時間が与えられる。ショートカットキーの設定や作業効率の高いかつ自らが使用しやすいCAD環境の設定を行う。
読図・入力計画(30分) 与えられた各課題図面を読み取り、いかに早く効率よく作図するかをここで計画する。准1級の課題図面は膨大な分量のため、この入力計画の時間は大変重要。

作図

(3時間30分)

課題図面(全4面)では、柱・壁の位置など必要最低限の寸法しか示されないので、寸法指定のない箇所は、建物の種類(用途)や特性を理解した自らの適切な判断により作図する。
准1級の問題はすべて縮尺が1/200。
したがって建物の企画段階の図面であるため、寸法指定のない箇所は、図面の各部が適切なサイズ・規格サイズであれば、試験問題と多少異なっていても問題はない。

廊下幅、階段、ドアの開口幅、エレベータ、便所の機器・設備類、駐車・駐輪スペース・出入口マークなどについても、その適切なサイズ・規格サイズについては試験までに習得する。

解答例

詳細なPDF図面はこちらです
1階平面図・配置図
2階平面図
3階平面図
X-X断面図

建築CAD准1級図面
建築CAD准1級図面
建築CAD准1級図面
建築CAD准1級図面

受講生さんの声

生徒さんの声-KOさん

生徒さんの声-KOさん

生徒さんの声-KOさん

生徒さんの声-KHさん

生徒さんの声-滝さん

生徒さんの声-Oさん

お問い合わせ先


LINE、電話、メールにて受け付けております。


Line
電話
資料請求
無料体験

go top